JJ2YSU 伊良湖ハムクラブ FAQ

Q: アマチュア無線とは何ですか?

A: アマチュア無線は、国家資格者同士の国際的なコミュニケーションと関連活動です。世界に260万局以上、日本国内には40万局ほどのアマチュア無線局があります。 誰にでもできるスマホSNSなど匿名性の高いコミュニケーションとは大きく異なり、趣味でありながらモーターボートの操縦と同じく国家資格が必要となります。
アマチュア無線の楽しみ方等については、日本アマチュア無線連盟JARLのウェブサイトが参考になります。 https://www.jarl.org/index_1_hajimeru.html

ーーーーー

Q: 遠くと交信出来ますか?

A: 交信できる距離は、使用する電波の周波数、時間帯、天候、季節やさらには太陽活動などに大きく依存します。通常は、国内交信などはおおむね安定に行えます。海外の場合、アジア圏の交信は比較的チャンスがありますが、遠くの大陸との交信にはタイミングが重要となります。世界的なコンテストが実施される期間は、非常に多くの無線局が世界各国から参加しますので、遠くの国とつながる良いチャンスです。
また、雑音に強いデジタルモード(FT8など)といったコンピュータ接続の通信で、シーズンや昼夜問わず海外との交信が可能性となります。
以下は、現時点の電波伝搬・太陽活動情報を提供するサイトデーターの一例です( https://rigreference.com/solarhttps://sdo.gsfc.nasa.gov/ より引用)。

ーーーー

Q: 無線設備の利用料金は?

A: ホテル等ご利用のお客様に限り無線設備をご使用頂けます。料金は必要ありません(2回目以降ご利用時の立会い・操作補助ご希望の場合を除きます)。ただし、ご宿泊前にあらかじめご利用のお申し込み、資格確認等のお手続きが必要です。
本格的に始める前に体験してみたい、自宅では存分に楽しめない、仲間と一緒にワイワイ楽しみたい、海を眺めながらゆっくり楽しみたい方など様々にご利用頂けます。また、クラブ入会および会員継続についても、お客様の費用負担はございません。

ーーーーー

Q: 申し込み方法は?

A: 無線設備ご利用申し込みは、このウェブサイトのお問い合わせからご連絡ください。また、会員のお客様は予約なくとも、当日お申し出でのご利用も可能です。ただし、無線設備の都合等によりご希望に沿えない場合がございます。あらかじめご了承ください。
なお、 ホテルのご宿泊予約は、直接ホテル受付またはホテルウェブサイトへお願いいたします。

ーーーーー

Q: レストランでの食事でも無線使用できますか?

A: JJ2YSUのクラブ会員であれば、レストランだけのご利用でも無線設備がご使用できます。ご予約なしの当日のお申し出でも承ります。 ただし、無線設備の都合等によりご希望に沿えない場合がございます。

ーーーーー

Q: ホテルのチェックイン以前、チェックアウト以降の利用はできますか?

A: ホテルにてアーリーチェックイン(早目のご宿泊)や、レイトチェックアウト(宿泊時間の延長)のお手続きにより、通常滞在時間を越えたご利用が可能です。チェックイン前、チェックアウト後のご利用はご容赦ください。

ーーーーー

Q:アマチュア無線の資格が無くても、無線体験はできますか?

A: ラジオのような受信専用機での受信(聴く)だけであれば資格は不要です。しかし、トランシーバー(送信できる装置)での受信では、有資格クラブ員が操作する必要があります。どんなものか受信体験ご希望の方はお問い合わせください。
さらに、相手と交信を行うなど電波を発射するためには、アマチュア無線設備が操作できるアマチュア無線従事者免許などの資格が必要です。資格については、以下の日本アマチュア無線連盟JARLのウェブサイトが参考になります。この機会に免許取得に是非チャレンジし、趣味の幅を広げましょう。 https://www.jarl.org/Japanese/6_Hajimeyo/shikaku.htm

ーーーーー

Q: クラブに入会しないと利用できませんか?

A: 伊良湖ホテル&リゾートアマチュア無線クラブへご入会頂くことで、クラブコールサインJJ2YSUでのご利用ができます。初回は、クラブ員同席によるゲスト運用をして頂き、2回目以降はクラブ会員として単独にてご利用頂けます。 当クラブから総務省へ会員としての届出を行います。 クラブ入会および会員継続についても、お客様の費用負担はございません。
なお入会することなく、ご自身のコールサインなどでの移動運用も可能ですのでご相談ください。
ゲスト運用(ゲストオペレーター制度)については、以下のJARLウェブサイトをご参照ください。 https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/2-2_Regulation/guest_op.htm

ーーーーー

Q: 自分のコールサインで利用できますか?

A: 当ホテルのクラブコールサインJJ2YSUで運用頂くお客様を優先させて頂きますが、お客様ご自身やご所属クラブのコールサインでの移動運用対応も可能です。ご自身に免許されたトランシーバー(出力50W以下)をご持参頂き、当ホテルクラブのアンテナをご利用ください。ただし、ご利用できるアンテナは、ご自身が免許・届出されている形式に限ります。 なお、移動運用で当クラブのアンテナをご利用予定の場合には、あらかじめお申込みが必要です。お問合せ・ご連絡フォームからお問合せください。

ーーーーー

Q: 無線設備はどのような構成ですか?

A: トランシーバー、アンテナは以下のとおりです。
●トランシーバー
ICOM IC-7100S (HF 10W, VHF 20W):4級以上
YAESU FTDX101MP (HF, 50MHz 200W):2級以上
●アンテナ
第1系統3.5-3.8MHzダイポール
第2系統7MHzダイポール+14, 21, 28MHz 4エレ八木
第3系統10, 18, 24, 50MHz Vダイポール
第4系統144, 430MHz グランドプレーン
(1.9MHzは調整中)
アンテナ地上高はホテル駐車場よりおよそ20m、アンテナ標高はおよそ32m程です。
専用の無線室にてお楽しみ頂けます。また、無線局免許情報は以下の総務省ウェブサイトにてご確認頂けます。 https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=C&DFCD=0001490199&DD=1&styleNumber=50

ーーーーー

Q: コンテストでの利用はできますか?

A: 当クラブ局JJ2YSUでの利用を優先させて頂きますが、お客様ご自身のコールサイン、ご所属クラブコールサインでのコンテスト運用(移動運用)にも対応致します。早目のご予約をお勧めいたします。また、無線運用時間がホテル宿泊時間(チェックインーチェックアウト)を超えないようにご計画、ご予約をお願いいたします。
コンテスト情報は以下が参考になります。
JARL https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/Contest.htm
ARRL http://www.arrl.org/contests
CQ WPX https://cqwpx.com/
CQ WW https://cqww.com/

ーーーーー

Q: アマチュア無線4級です。クラブのFTDX101MPを使えますか?

YAESU FTDX101MPはツマミによって送信出力を5Wから200Wまでの範囲で設定ができます。10W以下に設定すれば4級資格で使えるかと思ってしまいますが、出力200Wの送信機として免許されているため2級以上の資格が必要となります。なお、クラブ局のトランシーバーはJJ2YSUのコールサインで運用頂きます。

ーーーーー

Q: 自分のトランシーバーでJJ2YSUのコールサインは使えますか?

A: ホテルクラブのコールサインJJ2YSUでの運用は、ホテルに設置の免許済み設備に限られます。ご自身のトランシーバーをご利用の場合は、ご自身の無線局の移動運用としてご計画ください(移動局としての免許が必要です)。なお、移動運用で当クラブのアンテナをご利用予定の場合には、あらかじめお申込みが必要です。お問合せ・ご連絡フォームからお問合せください。

ーーーーー

Q: ホテルを離れての移動運用はできますか?

A: クラブ局JJ2YSUの移動運用は免許されていないため、ホテル外での運用はできません。 ホテル内の専用無線室にてお楽しみ下さい。

ーーーーー

Q: 同伴の家族や友人も運用できますか?

JJ2YSU会員の同伴者様が相応の資格をお持ちの場合には、その会員様が立会いのもとで無線設備をご利用頂けます。無線機の操作・運用には、相応の国家資格が必要です。したがって、資格者が操作する状況にあっても、無資格者は交信に加わることはできません。